女性の体というのは、年齢とともに様々な変化をします。
初潮、妊娠、出産、閉経というような変化がありますが、これらの変化に大きく関わっているのが「女性ホルモン」です。
女性ホルモンの分泌によって、体調や肌質、体つきなどが変化します。
女性ホルモンというのは、30代半ばまでは活溌に続きます。しかし、加齢とともに分泌量は低下します。また、生活習慣や食生活によっても女性ホルモンの分泌が低下ししたり、分泌バランスが崩れることになります。

月経というのは、約一ヶ月に一回の周期で訪れます。
月経前後には女性ホルモンのバランスが崩れますので肌荒れを引き起こします。また、腰痛、腹痛、イライラというような症状も起こります。
月経中には出血が漏れ出さないようにナプキンを着用します。しかし、ナプキンによって肌がかぶれてしまい、痒みや痛みを感じることもあります。
ナプキンを着用するのは、体の中でのデリケートな部分です。そのため、かぶれないように自分の肌質に合うナプキンを探す、正しい使用方法を行う必要があります。・
かぶれというのは、時間の経過とともに治ります。しかし、月経の度にかぶれてしまい、痛みや痒みを感じるということであればかぶれないように対策をする必要があります。また、かぶれている状態であれば症状を抑えるための薬を使用することが出来ます。

OUT LINK

ナプキンのかぶれに悩んでいるなら【かぶれないナプキン調査隊】

カテゴリー
  • カテゴリーなし